会場を決めるポイント

結婚式を迎えるにあたり、会場選びには長い時間をかけるカップルがほとんどです。
お互いの意見が食い違ってしまいここで喧嘩になることもありますが、しっかり時間をかけて最終的な決定をしましょう。

会場を決めるポイントとして最も重要になってくるとはゲストのアクセスと式そのものの費用です。
会場によって様々なプランニングがあり、オプションの内容もすべて違っていますので、自分たちの希望に合うプランと費用を兼ね合わせながら考えましょう。
また参列してくださるゲストの方々がアクセスしやすい場所を選ぶのもひとつの俳優として大切です。

ご年配の方がゲストとして参列してくださるのであれば、バリアフリーになっている会場などを選ぶことも重要になります。
もちろんどのようなスタイルで挙式を行うのかによっても会場選びのポイントは違ってきますので、ここも重要視したいところです。

会場のキャパを考える

ゲストとして招待する人が多ければ多いほど会場も大きくなければなりません。
沢山のゲストを招待しているにもかかわらず、会場そのものが小さく窮屈な思いをさせてしまうようでは良い結婚式にはなりませんので注意しましょう。

また、一つの会場であっても喫煙が可能な場合と、完全に禁煙の場合またそれぞれのテーブルで着席できるスタイルもあれば立食タイプなどと書かれていますので、このような部分もしっかりチェックしましょう。
費用的な問題に関しても早い段階で会場側に確認し、自分達の予算の中で結婚式ができるかどうかは現実として考えていかなくてはなりません。

下見を積極的に行うことが大切

様々な結婚式場では見学キャンペーン等を行っていますので、このようなタイミングを見計らい積極的に下見を行っていきましょう。
雑誌やインターネットの写真だけで見ているのとは全く違ったイメージであることも多く、直接見てみなければ分からないので、足を運ぶ必要があります。
食事内容などに関しても、こうしたキャンペーンでは、デフォルトのランニングで提供される食事も実際に食べてみることができるので、このような部分からも下にはとても重要だといえるでしょう。

演出の種類や引き出物の種類もチェック

会場によって様々なケースを準備してくれていますが、自分たちの希望に合ったペースがあるかどうかはチェックするのも大切です。
またゲストの方々に引き出物を渡すことになりますが、このような引き出物に関しても、どれだけのバリエーションがあるのかを必ず確認しましょう。

あまり多すぎてしまっても悩んでしまい、決定するまでに時間がかかるので、できるだけ選びやすくジャンル別にまとまっているものなどが良いです。
ドレスに関しても持ち込みが可能なのか、会場ではどれだけのケースを準備しているのかについても事前の確認が大切。

また持ち込み可能な場合は持ち込み料がどれだけかかるのかを前もってチェックしておきましょう。
下見に出かけた際には必ずパンフレットを持ち帰り複数の会場を比較しましょう。