祝辞の依頼をする

結婚式の中でもみんなが注目する部分

結婚式の中で何をするかというのは、新郎新婦が決めることですが、どの結婚式でも祝辞や友人からのスピーチというのは、欠かせない部分となっています。
新郎新婦の人柄や歴史を披露する場所となりますし、二人のなれそめなどを聞く機会ともなりますので、出席者は祝辞やスピーチを楽しみにしているものです。

また、誰がどんな話をするかによって、結婚式の盛り上がりがかなり異なりますので、事前にじっくりと考えて決めるようにしましょう。
祝辞の人選によって、二人の人間関係などがダイレクトに分かるものですので、お互いに納得できる人を選ぶようにしましょう。

仕事関係などの付き合いのある人の中から選ぶ

どのような形で結婚式を行うか、どの程度の範囲の人までを結婚式に招待するかによって異なりますが、仕事上の付き合いのある人に祝辞を依頼するケースは比較的多く見られます。
会社勤めをしているのであれば、直接の上司に祝辞を依頼したり、同僚仲間にスピーチを依頼したりすることが多いでしょう。

とはいえ、結婚は二人の個人的なものだからと、あまり仕事関連の人たちを招待せずに、身内や付き合いの長い友人たちだけで結婚式を行うというケースも増えています。
その場合は、このような仕事上の関係に縛られることなく、自由に祝辞を述べていただく人を選べるでしょう。
しかし、祝辞は基本的に目上の人で、お世話になっている人にお願いすることが多いので、招待客全体の構成も考えながら、ぴったりと当てはまる人を選ぶようにしましょう。

一方で、友人たちからのスピーチは、かなり自由に決めることができます。
会社の同僚でも、学校時代の友人でも構いませんし、特に年上や年下などの違いも考える必要はありません。
ただ、新郎側と新婦側のスピーチの比率を合わせるようにして、新郎側が二人スピーチするのであれば、新婦側も二人にするなどの配慮をすると、バランスが良くなるでしょう。

祝辞をしてもらう人を決めたらすぐに依頼する

結婚式での祝辞をしてもらう人というのは、たいてい仕事などでお世話になっている人です。
そのため、結婚式の日取りが決まったり、できるだけ早く祝辞を依頼する人も選んで、ご挨拶がてら依頼すると良いでしょう。

できるだけ早く依頼することで、その人にお願いしたいという気持ちが強いことを表すことができますし、予定を確実におさえてもらえるようになります。
細かい予定が決まったら、できれば結婚式場で事前に打ち合わせを一緒にすると良いでしょう。
当日いきなりマイクを握って祝辞を述べるより、その方が緊張せずにできますし、細かな打ち合わせもしっかりと済ませることができるからです。