挙式スタイルを決める

キリスト教スタイルでの挙式を行う

憧れの結婚式のイメージの中でも象徴的なものが、このキリスト教スタイルの挙式でしょう。
荘厳な雰囲気の中バージンロードを歩き、出席者が見守る中牧師の進行の下進んでいく結婚式は多くの人が憧れるスタイルです。

多くのホテルや結婚式場にはチャペルが設けられていますし、キリスト教スタイルでの結婚式を専門にしているところもあります。
特に出席者や新郎新婦の側で準備すべきものがあるわけではなく、楽に挙式できるのもメリットの一つでしょう。
ウエディングドレスが映える会場でもありますので、写真撮影に力を入れたいという人にもぴったりです。

特に信仰に関係なくこのスタイルの挙式ができるようになっていますが、一部の教会では宗派によってスタイルが異なることもありますので、事前にどのように式が進められていくのかをチェックしておくと良いでしょう。
ハワイなどの海外での挙式を希望する方も、このスタイルでの挙式が多くなります。

神前式で結婚するスタイルも見直されている

神社での挙式は、日本人ならではのスタイルで、厳かな雰囲気の中、二人の人生を始めるという気持ちを持つことができると人気です。
若い人たちの間でも神前式のスタイルが見直されていて、芸能人の中にも神前式をあげる人が増えているということもあり、日本全国の神社で式が執り行われるようになっています。
和装での挙式となりますので、神社での儀式を済ませた後で、レストランなどでドレスに着替えて披露宴や食事会を行うという人も多くいます。

人前式で自分たちのスタイルを楽しむ

宗教に関係なく、招待客と一緒に結婚式を行う人前式というスタイルを執る人も多くいます。
特に人前式に関する決まりはないので、新郎新婦の好みに完全に合わせて結婚式を行えるというメリットがあります。

入籍を事前に済ませるだけで、特に儀式というものがありませんので、気楽な気持ちで式自体を楽しめますし、いろいろな会場の選択肢がありますので、自分たちの好みを反映させやすいという特徴があります。
また、費用を抑えたいという場合も、会場や行う式の内容を自由に決められるため、自由が利くというメリットがあります。

会場としては一般的な結婚式場の他に、レストランや一般的なホールなどが多いですが、キレイな庭園やテーマパークなどに許可を求めて式を挙げさせてもらうこともできます。
自分たちで最初から最後まで準備をしなくてはいけないので、手間と時間がかかるという面もありますが、その分結婚式を素敵に演出できた時の満足感はとても大きなものがあります。
二人で一生懸命頑張った分、一生の思い出になる結婚式を作るのに最適なスタイルだと言えるでしょう。